少ない量で高栄養のスーパーフード。

でも、意外と食べにくかったり、毎日の日課というよりノルマに感じていたり・・・。

そんな時でも続けやすいスーパーフードを粉末にしたサプリメントがありました。

低体温の原因でありがちなウソ

低体温の原因などで検索してみるとネット上では、やれ「喫煙、飲酒、ストレス」だとかという情報と改善するには、「運動しましょう、食事を見直しましょう」というような情報があります。

では、たばこも吸わず、ストレスも無い生活。
お酒も飲むことが無く、適度に運動して、食事内容も心がけている私は、どれにも当てはまらない事になります。それでいて低体温なのですから。

こういうそれっぽい情報は、低体温に限った事ではなく、生活習慣病など、何にでも当てはまる事です。つまり、簡単に言うなら健康の反対に行っている原因と、健康に近づく方法を書けば、何にでも共通している事なのでワザワザ書く必要はありません。

特別な原因ではなく、ごくごく一般的な話です。
それを正しい情報を書いているかのような内容は、少し疑問を感じてしまいます。

運動して、実際にジムで筋肉量を測定したところ、上半身は普通、下半身はややアスリートよりの筋肉量だったので、ここも十分クリアしている値です。

強いて挙げるとすれば、ミネラルとビタミンの不足というところでしょうか。

ミネラルの中でも鉄が不足すると、体温が下がりやすくなります。
その理由は、血液内で酸素を運ぶときに鉄に結合する為。なので、鉄不足は酸欠状態となり、立ちくらみや貧血を引き起こしやすくなります。

という事で、鉄分の摂取を増やせば改善する可能性がありますが、この時、注意すべきな事があるとすれば、ヘム鉄か非ヘム鉄かの違いでしょうか。

ヘム鉄は、動物性食品に多く吸収されやすい。
一方、非ヘム鉄は、植物性食品に多いが吸収されにくい。

こうなると、ヘム鉄の方が良いように思いますが、吸収率が良い事が正しいというような考え自体も危険を伴います。何事も摂り過ぎは良くないので、むしろ、少ないながらも少しずつ吸収できる非ヘム鉄の方が何も気にせず続けやすい気がします。

尚、最近では、スーパーフードのアマランサスに鉄が豊富に含まれているという事を知ったのですが、それを紹介しているサイトの中にも鉄分の吸収が悪いという事について触れられていました。

ですが、むしろ吸収率が低いからこそ、アマランサスを試してみたいなと思えます。

低体温の原因には、他にも色々あるかもしれませんが、コーヒーは好んで飲むので、それも体温を下げる原因と考えられます。お酒やたばこは必要なくても、コーヒーは、やめられそうにないので、そういう意味でもアマランサスを試してみようかなと少し考え中です。