少ない量で高栄養のスーパーフード。

でも、意外と食べにくかったり、毎日の日課というよりノルマに感じていたり・・・。

そんな時でも続けやすいスーパーフードを粉末にしたサプリメントがありました。

チアシードの副作用は?

副作用に関して調べてみると、チアシードには大量の食物繊維も含まれているため、大量に食べると下痢に見舞われる心配はあるそうです。
そのため、チアシードの摂取量は1日10gまでに留めるべきとのことでした。

確かに、下痢になるのは勘弁して欲しいところですが、日頃から便秘気味の人にとっては、まとめて水分を取ることが出来る上にダイエットにもなるだけでなく、町内も綺麗になりそうな感じがあります。

そもそも、なぜ副作用が気になるほどチアシードは人気なのでしょう。
その理由は、高いダイエット効果が期待できるスーパーフードだからです。

水とチアシードさえあれば健康を維持することが出来るなんてことも言われている事から、”ミラクルシード”なんていう呼び方もされているようです。
ただし、これはあくまでも比喩表現だと思うので、その辺は、気を付けましょう。

ですが、ダイエット効果は確かなようです。

スーパーフードは色々ありますが、ダイエット効果の点に関しては、どうもチアシードがトップクラスなのだとか。では、どのような形で、チアシードはダイエット効果をもたらしてくれるのでしょうか?

調べたところ、チアシードは水を含むことで、ゴマ粒のような大きさから、10倍以上にも膨らむみたいなんです。

と言っても、単純に粒が大きくなるのではなく、コンニャクと同じ成分の、プルプルとしたゼリー状のものが、チアシードの粒を包むような感じになるんですね。そのため、大変腹持ちが良いそうです。

また、基本的に味や匂いも無いため、ヨーグルトやジュース、料理のソース、果てはごはんなど、様々なものに混ぜられるとのことでした。
これなら、確かにダイエットには良さそうですね。