少ない量で高栄養のスーパーフード。

でも、意外と食べにくかったり、毎日の日課というよりノルマに感じていたり・・・。

そんな時でも続けやすいスーパーフードを粉末にしたサプリメントがありました。

白髪にゴマが効果的?

食生活に黒ゴマを取り入れるようになりました。
これも、日本のファスティングで有名な船瀬俊介さんが60歳を超えているのに、髪の毛が黒々としているという話があり、その中で、ゴマが良いような事が書いてありました。

これは試す価値があるかなというのもありますが、どこかのタイミングで食生活にゴマをとりいれたいなと思っていたので、丁度良かった気もしています。身近なもの、しかも健康に良いと言われているものでも、タイミングが合わないと始めるきっかけとならないものってありますよね。

私の中では、ゴマがまさにそれ。

数年前も一時的にゴマにはまって続けていたことがあったんですが、どうも何の為に続けているのかわからずに、億劫になってしまっていました。
だいたい億劫になると長続きしませんよね。

でも、30代も後半にさしかかってくると、仕事柄も関係あるかもしれませんが、白髪が目立つようになってきました。いわゆる若白髪というやつです。

最近は若い人にも白髪が増えて来ているようですが、今の世の中のように、あらゆるところに電子機器が溢れ目を酷使することも多くなったり、様々な電波の影響など関係無いのでしょうか・・・。

過労やストレスという話ではなく、もっと気づかないところで体がストレスにさいなまれているのかもしれません。

その辺ははっきりしたことがわかりませんが、今はっきりしているのは、白髪を改善する為にゴマを試してみる価値はあるかなということです。

ゴマの主な効果として、動脈硬化の防止、貧血予防骨や歯を強くする、美肌効果、精神安定の働き、そして老化防止などがありますが、直接的に白髪に効果的という情報はありません。

そうすると、本当に効果があるのか微妙な感じがしなくもありませんが、ゴマって風味が良いので、それだけで続けやすい感じがあります。

そう思うようになったのは、以前は、煎りゴマをそのままご飯にかけるなどして試していましたが、今は、ご飯と一緒に炊いたり、炒りゴマだけでなく、すりゴマも購入して、飲み物などに混ぜて飲んだりしているからだと思います。

ゴマは、そのまま食べても消化が良くないと言われますが、ご飯と一緒に炊くことでゴマの色素成分が溶けだしているのがわかります。そこに軽く塩を振って食べれば結構おいしいです。

すりゴマは、豆乳などに入れて飲むと風味が増して美味しくなります。

このように工夫すれば様々なゴマの活用方法があると思いますが、健康にもよく、香りも豊かでそのにおいを嗅いでるだけでもリラックス出来る感じがするので、一度はまったら結構抜け出せなくなるかもしれません。

できれば白髪が減っていけばいいなというのはありますが、もっと単純に食材として好んで使っていけるような感じが一番なのかもしれません。