少ない量で高栄養のスーパーフード。

でも、意外と食べにくかったり、毎日の日課というよりノルマに感じていたり・・・。

そんな時でも続けやすいスーパーフードを粉末にしたサプリメントがありました。

朝食の食べ方が変わってきました

ファスティングや酵素に対する考え方を知るにつれて、食生活も少しずつ変化してきている気がします。元々朝はあまり食べない時期もあったんですが、旅行先で意外と和食が美味しいと思ってから、ご飯や味噌汁、納豆などを意識的に食べるようになりました。

確かにそうすることで活力も沸いてくるし健康的な生活ができているというような感じがしてきます。

でも、あまりお腹が空いていない状態で色々食べても、いまいち頭の方のエンジンがかかるのが遅い感じがありました。それだけ、消化にエネルギーが使われていて、脳は、後回しになっているという感じでしょうか。

朝食の後、すぐに仕事を始めようという気持ちだけで、中々やる気が沸きません。

それに、「健康の為に、しっかり食べなくてはいけない」という感覚で食べているので、何となく強制的に食べている感じもあったり、食べた後に食べ過ぎて、胃袋がおもだるくなるような感じがどうも好きではありません。

健康の為の食生活という気はしているんですが、何となく自分に合っていないのかなという感じがありました。

その後、ファスティングについて知るようになり、酵素を貯金するという考えを知るにつれて、「無理に食べなくて良いのかな?」という事をを実感出来るようになってきました。

確かに、できるだけ食べないようにする食生活は、空腹に耐えられなくなったら食べるという感じが多くなることで、必要な時に必要な量だけ食べるという食生活。毎日スケジュール管理されて食べる必要がありません。

そういう意味では、動物に近い食生活というところでしょうか。
人間、本来は、こうした方が身体の為なのかもしれません。

テクノロジーが進化しても、身体はアナログですからね。

それに、そうした空腹の状態で食べると、それほど沢山食べなくても空腹感は収まってくれます。結果的に小食で済み、食べ物の消化にかかる時間が短くなり酵素貯金ができるだけでなく、頭の回転が鈍くなることも少なくなります。

今までは食べ過ぎて苦しいというのは幸せなことなのだと思っていたんですが、ファスティングを知るにつれて、やはり、胃が苦しいというのは、そのまま苦しい状態なんだなという気がしてきて、食事を制限する事を肯定できています。